FC2ブログ

すんだりチャンネル

旅するメンタルコーチのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パニック障害 治療②

通勤帰り突然の発作。

秋の夜、町のイルミネーションが歪んだ。

この不安感はすごい怖い。

恐怖の中

当時付き合っていた彼氏に

「今パニックになって怖い」と携帯から伝えました。

パニックの最中は

言葉で表すのは難しいんだけど

水中に潜って周りの音を聞いているような

自分と相手や物の感覚がわからなくなるような、離人感があり、

電話の彼の声も遠くから聞こえる。

彼は「そんな弱いお前は嫌いだ」と一言。

このまま死んじゃったらどうしょう。そんな不安な意識の中

この言葉は強烈でした。

いつも頑張っているのに。

誰もわかってくれないんだ。

唯一味方だと思っていた彼氏も、、、、

絶望感でいっぱいだった。

だけどそれより

もっと恐ろしいのは

自分の部屋が怖くなること。

疲れている時とか

普段は自分の部屋でゆっくり過ごしたくなるのに

安心できる場所であるはずなのに

またパニックになったらどうしよう。

こころが不安でざわつく。

とにかく1人でいることが怖くて怖くて仕方がない。

どこにも逃げられる場所はない。

絶望感でいっぱいだった。


スポンサーサイト



| パニック障害 不安障害 抑うつ | 18:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT